個人宅様のお庭や法人様の緑地の植木に関するお悩み相談なら、茨城県古河市の(株)二宮にお任せください。剪定、刈込、伐採、芝刈り、草刈り等の作業や植栽、芝張り等の工事まで、植木や緑に関することなら何でもご相談下さい!茨城県古河市、常総市、筑西市、坂東市、下妻市等、栃木県小山市等、埼玉県久喜市、春日部市、加須市等、幅広いエリアに対応致します。

Q&A

お庭のお手入れや緑地の管理などについて、ご不明な点・ご不安な点が多々あるかと思います。よくご質問を頂く内容を記載いたしました。ご参考までにご確認ください。

<作業について>

Q.どのような作業・工事が出来ますか?

A.剪定、植え込み・生垣の刈込、芝刈り、草刈りなどのお手入れ作業から伐採、樹木の植え付け、芝張りや防草シート施工といった工事まで幅広く対応しております。                     近年は、空き家周りの樹木整理にも力を入れています。

Q.作業日が雨天の場合は、どうなりますか?

A.大雨や雪などの悪天候時は、安全面を考慮しまして作業を中止とさせて頂きます。その際は、ご迷惑をおかけ致しますが、作業前日か当日朝にお客様にご連絡させて頂きます。小雨程度の天候であれば、予定通り作業致します。

Q.剪定した枝ゴミでお隣の家に迷惑をかけたくないです。

A.極力ご近所の方々にご迷惑が掛からないように作業致します。やむなく、剪定した枝ゴミ等がお隣の家に落ちる場合は、作業前にご挨拶に伺います。

Q.作業日当日に追加の作業はお願いできますか?

A.はい、可能です。その場で作業スタッフが追加作業のお見積もりを致します。

Q.作業日当日は家にいなければならないですか?

A.ご承諾いただければ、ご不在時の作業も出来ます。しかしながら、作業開始前と作業終了後は、ご確認頂く為、お立ち会いをお願いしております。

Q.作業は日曜や祝日でも可能ですか?

A.はい、可能です。ご希望の日にちをお知らせ下さい。

<費用について>

Q.見積もりに費用はかかりますか?

A.いいえ、お見積もりは無料です。お気軽にお尋ねください。

Q.出張費はかかりますか?

A.いいえ、出張費は頂いておりません。

Q.支払いはどうしたら良いですか?

A.作業終了後に、弊社より1週間以内に請求書をご郵送いたします。お手元に届きましたら、お支払いをお願い致します。なお、支払い方法は、銀行振り込みのみとなります。                     

振込手数料はお客様負担となりますので、ご了承ください。                           ※作業当日の現金でのお支払いは、お支払い頂いた証明が出来ません。トラブルの原因となりますので、お断りさせて頂いております。予めご了承ください。

<その他>

Q.企業として、事故の際の保険に加入していますか?

A.はい、弊社では、万が一の作業事故に備えて、各種保険に加入しています。予期せぬ事故が発生した場合、お客様に誠意ある対応でお応え致します。

Q.剪定は年間を通して、いつ行った方が良いですか?

A.樹木の種類によって剪定時期は異なります。発芽前の休眠期に行う冬期剪定、木の生育期に行う夏期剪定が剪定時期の基本です。

・冬季剪定
樹木が活動を開始する発芽前に、不要な枝を切り、葉を大幅に減らすような強めの剪定を基本剪定として行う事が多いです。 新芽が育つのが5月頃の樹木の場合は、3~4月の春に行います。

・夏季剪定
伸び過ぎた枝や葉を剪定して、樹木全体の形を整える軽めの剪定を行います。
夏季の軽剪定は、通気性や日当たりを良好にし、枝を短くすることで風などで枝が折れるのを防ぐ効果もあります。

また、樹木の種類によって良いとされる剪定時期は若干異なっています。 

●針葉樹の剪定時期 

樹木の一例:
・スギ
・マキ
・マツ
・ヒノキ
・コニファー類

新芽が育つ前の3月~4月が剪定におすすめの時期です。
寒さに強い種類なので、冬でも剪定可能ですが、新芽が出る前の春の剪定の方が枝葉をバランス良く成長させることができます。
サワラ、ニッコウヒバなどの針葉樹は生垣に使用されていることも多いですが、見た目をきれいに保ちたい場合は、夏や秋に軽剪定をして整えるのも良いです。

●常緑樹の剪定時期

樹木の一例
・キンモクセイ
・サザンカ
・ツバキ
・シラカシ
・マテバシイ

暖かい時期が基本剪定に適しています。
3月下旬~4月下旬の新芽の発芽前か、5月下旬~6月の新葉が落ち着いた頃がオススメです。
寒さに弱い樹種なので、11月~2月に基本剪定をするのは避けましょう。
8月~10月は軽剪定ならOKです。暑い時期に強い剪定をしてしまうと成長しにくくなりますが、あまり大きく育てたくない場合はあえて剪定することもあります。
また、暖かい地域なら、9月~10月に基本剪定をしても問題ありません。

●落葉樹の剪定時期

樹木の一例
・モミジ
・シャラノキ
・ヤマボウシ
・ハナミズキ

落葉後の樹木が休眠している寒い時期に基本剪定をするのが良いでしょう。
葉がすべて落ち、枝の状況がわかりやすい12月~2月がオススメです
3月、6月、9月、10月は軽剪定なら良いですが、木の活動が活発な4月、5月、7月、8月は、木がダメージを受けてしまうため剪定は避けた方が良いと思います。

Q.庭や緑地の手入れをしてもらいたいんだけど、年間を通した管理でオススメのプランはありますか?

A.下記、基本プランをご参照ください。

お庭や緑地のオススメの年間管理スケジュールを記載しております。

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社 二宮 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.